2020年12月30日

古代人は死についてどう考えていたのか~いにしえびとの死の概念と万葉集に詠まれた死~

生きとし生けるものすべてが決して逃れられないもの、それは「死」です。 人はなぜ生まれ、そして死んでいかなければならないのか。 その明確な理由はわかりません。命を得た者は、ただただ死という宿命を受け入れなければならないのです。 人類は現在にいたるまで、気の遠くなるような長い間、何度も何度も誕生と死を繰 […]